大学生の戯言日記

大学生の戯言日記

大学生がネットビジネスに挑戦しつつ日常で感じることを書いていく日記形式のブログ!

【戯言8言目】ビットコイン急落!あわてるビギナー

最近テレビや本で話題になっているワード

 

「仮想通貨」

 

最近SNS上では多くの方がはじめたと発信している。

 

中には胡散臭いとか仕組みがいまいちわからないとかを理由に「仮想通貨」に関心を強く持たない人がいる。

 

 

自分は「仮想通貨」にたいしてポジティブなイメージもネガティブなイメージも持っていないがこれだけ巷でこの言葉がはやっていると強い関心を持つようになり今回自分なりに「仮想通貨」について勉強し今後を推測してみた。

 

 

1、「仮想通貨」知名度No1「ビットコイン」

f:id:riki-soccer-0711:20180118035100j:plain

 

「仮想通貨」で最も有名なのは「ビットコイン」だろう。

多分この「仮想通貨」をここまではやらせたのは堀江貴文さんだと思われる。

2014年には「ビットコイン」に着目しておりテレビや雑誌などマスメディアでの発言により世の中に「ビットコイン」というものが浸透してきたように思われる。

 

現在は爆発的な価値の上昇により大きな注目を集めている。

 

 

2、ビットコイン概略

 

今回は具体的な仕組み「マイニング」「ブロックチェーン」などは棚に上げて概略について書いていく。

 

 

無価値なものが価値あるものに変わっていった。

 

ビットコインは2009年に取引が開始された。

もちろん価値は0に等しい。

 

当時の取引価格は

1ビットコイン=0.07円

ほぼ0だ。

 

しかし「投機」目的でビットコインを扱う人が増えるに従い価値あるものに変わっていった。「投機」する人が多ければ多いほど「ビットコイン」の需要は高まり現実の通貨で「ビットコイン」を買うわけだからどんどん「ビットコイン」の価値は上昇していくことになる。

 

価値が0から増えていったのは人々に価値あるものと判断され¥や$などの現実の通貨と交換されたからだ。

 

現在1ビットコイン=113万円(2018年1月18日)

 

2009年に1円分のビットコインを買っていたら現在は1600万円になっている。

 

マスメディアが取り上げたわけだから「投機」目的で「ビットコイン」を買う人がいるわけだからもちろん取引価格は上昇する。

 

2017年12月には1ビットコイン=200万まで到達した。

 

ここ1年大きな下落はなかったことも「ビットコイン」ビギナーの増産に拍車をかけた。

 

 

3、「ビットコイン」の今後

 

「ビットコイン」は2018年に急落した。

下記のグラフが取引価格の推移である。

f:id:riki-soccer-0711:20180118033353p:plain

 

一時、1ビットコイン=200万円だったものが100万円を下回った。

 

これに慌てふためくのがビギナーたち。

 

こんな私ですが為替については一通り勉強し為替取引にはげみ貯蓄をつくってきたトレーダーのはしくれです。

 

 

今後の「ビットコイン」をこのように考えます。

2017年から興味本位ではじめた方は2017年1月に大きな下落があり、その前にも2016年1月にも同じ現象があったことを知らないビギナーの方もいるのではないだろうか。

 

例えば2017年12月の1ビットコイン=200万の時に「ビットコイン」を買っていたら今現在は資産が半分になっているはずである。50%の下落などほかの通貨(例えば1ドル150円から75円に1か月でなること)は珍しい。多分「投機」を深くやっていなくて今回はじめて「投機」に取り組んだ人はここらで損切し円に戻すはずである。

 

大衆の心理は多分売りに強く動き、もうしばらくは下落が続くと考える。

しかしここまで市場に出回る「ビットコイン」が多くなれば価値がなくなることはないと思う。

 

1か月2か月で「ビットコイン」の価格が10%でも上昇した瞬間

 

一気にまた取引価格が跳ね上がるとおもわれる。

 

いっても今から取引をはじめたところで資産が2倍3倍になるくらいだと思われる。

 

4、まとめ

ビギナーで痛い目をみた。もしくは資産がこの下落に耐えられなかった人たちが売りにだし下落は続けるがあることを境にまた「ビットコイン」の価値は跳ね上がる。

 

これが自分の見解です。

 

次上がるタイミングで少し買ってみたいと思います。

 

コメントや意見お待ちしております。