大学生の戯言日記

大学生の戯言日記

大学生がネットビジネスに挑戦しつつ日常で感じることを書いていく日記形式のブログ!

【トリビア2】芥川賞と直木賞の違い

 

 

自分は2週間に1冊は本を読むことにしています。

なぜ本を読むのかといいますと単純に本を読むことが好きだからです。

 

読書時間0時間の大学生は全体の何%か知っていますか?

 

45.2%です

自分の想像よりも少し少なかったです。皆さんは読書していますか?

 

 

前置きはさておき本題に移っていきたいと思います。

 

芥川賞とは

  • 純文学短編作品中最も優秀なるものに呈する賞
  • 芥川龍之介の名に由来
  • 純文学とは商業性よりも「芸術性」・「形式」に重きを置いていると見られる小説を総称する、日本文学における用語。

 

直木賞とは

  • 短編および長編の大衆文芸作品中最も優秀なるものに呈する賞
  • 直木三十五の名に由来
  • 大衆小説、大衆文学とは芸術性よりも娯楽性・商業性を重んじる小説の総称

 

このような違いがあります。芸術を求める芥川賞(無名、新鋭の作家に贈られる)と世間に与える影響の大きさを図る直木賞(無名、新鋭、中堅作家に贈られる)と両賞を比較することができます。

 

 

受賞者に贈られるものは両賞とも同じです

正賞:懐中時計

副賞:100万円

 

なぜ正賞が懐中時計なのかというとその昔懐中時計は銀で作られていたため、質屋にいれやすかったからだそうです。副賞の金額より高い値段で売ることができたそうです。

 

 

 

 

 最新第157回受賞作品紹介

 

芥川賞受賞作

f:id:riki-soccer-0711:20171216061032j:plain

沼田真佑さん

「影裏」

岩手県に住む医療薬品会社の社員と元同僚の友人男性の

日常をつづった物語。岩手県の自然の中で釣りや

東日本大震災をきっかけに友人の意外な一面が明らかになっていくという話。

 

沼田さんは現在も塾講師の仕事をされているようです。

 

 

直木賞受賞作

f:id:riki-soccer-0711:20171216070252j:plain

 

佐藤正午さん

「月の満ち欠け」

佐藤さんの直木賞を受賞したこの作品は

人生が何度も生まれ変わるという

輪廻転生の生まれ変わりがテーマの小説となっています。

 

 

2017年度上半期の芥川賞、直木賞の紹介でした。

 

ぜひ読んでみてください。